おすすめタイ料理 カオソーイ5選

タイに来て半年。いつの間にか辛いものにも慣れてタイ料理が大好きになりました。そんな中でも私が好きなのはカオソイ!(正式にはカオソーイというみたいですね。会話ではカオソイと言っているのでカオソイで呼ばせてもらいます。)北タイ料理の一つです。チェンマイ旅行に行ったら毎日、バンコクでも週に一度は食べているカオソイのお気に入りのお店をいくつか紹介したいと思います。

目次

1.辛いのが苦手な人も食べやすい『クルンサイアム』
2.味も雰囲気も楽しめる『カオソイチェンマイ』
3.美味しいと噂の『ホムドゥアン』
4.チェンマイで食べるなら『カオソイラムドゥアン』
5.お土産に買って帰った『ブルーエレファント』
6.まとめ


《Sponsered Link》



1.辛いのが苦手な人も食べやすい『クルンサイアム』

スクンビットsoi39のアットイーズ(マッサージ屋)の角を曲がったところ、マイポーチ(カラオケ屋)の並びにあるクルンサイアム(KRUNG SIAM)BTSプロンポン駅から歩いて5分程度の場所にあるこのお店は、東京にあるタイ料理の支店(おそらくバンコクが支店)。タイ旅行に来た方にとってはわざわざ日本のタイ料理店に行かなくても…って感じですが、日本人向けのタイ料理屋なので、全ての料理が辛さ控えめで食べやすいんです。なので、タイ料理初心者の頃よく通っていました。辛いのもが好きになった今でも、備え付けの調味料で味を足して食べると、もともとのマイルドさにピリ辛味がとっても美味しい!
そしてこのお店でおすすめなのがランチ!カオソイに生春巻きライスが付いてきてとってもお得!カオソイの汁にライスを入れると美味しいんです。量も多めなので一皿で大満足です。

しょっちゅう行っているクルアンサイアムですが、カオソイの写真を撮っていない…のでタレーパッポンカレーの写真を載せます。(すみません。でもこれも美味しいですよ^^) HPはこちら→

2.味も雰囲気も楽しめる『カオソイチェンマイ』

ラマⅣ通りのもう一本南の道 At Narong Rd 沿いにあるカオソイチェンマイ(KhaoSoy Chiangmai)。いかにもタイ!と感じるオープンな店内で、シンハー(ビール)と一緒に食べたくなるカオソイです。鶏、豚、牛と選べますが、がおすすめです。バンコクの中心部からは少し離れていますが、日本語メニューも置いてあり、日本人にも人気のお店みたいです。サイウア(チェンマイソーセージ)やムゥサテ(豚の串焼き)など、カオソイ以外の北タイ料理も楽しめます。価格もとっても安く、カオソイ2杯+ムゥサテ2本+シンハー瓶1本でB236(約¥760)でした。

確か、日曜定休だったはずです。(曖昧ですみません。。) 地図はこちら→

3.美味しいと噂の『ホムドゥアン』

最近移動して新装開店したホムドゥアン(Hom Duan)。スクンビットsoi63のエカマイsoi2にあり、BTSエカマイ駅から歩いて10分くらいの場所にあります。フリーペーパーやネットで何回かカオソイが美味しいと見かけて、行きたいとずっと思っていたのですが。。日曜定休なんです。行きたいなーと思うと日曜なことが多く、なかなか行けていないという。。一度だけ平日に、新装前に行ったのですが、その時は違うものを頼んでしまいました。というのも、このお店は、店内に入るとおかずがたくさん並んでいて、そこから2〜3種類選んでご飯と一緒に食べる、タイでよく見かける食堂タイプ

本当に美味しそうなんです。カオソイはこの美味しそうなご飯の中には並んでいないので、ついうっかり目の前の美味しそうなおかずを頼んでしまう、というトラップに要注意です(笑)。平日は会社員の方も多く来られていて、とても混んでいました。次こそはカオソイを食べたい…。 地図はこちら→

4.チェンマイで食べるなら『カオソイ ラムドゥアン』

北タイ旅行に行ったら食べたい本場のカオソイ。何件かまわった中でもチェンマイで食べたカオソイ ラムドゥアン(Khao Soi Lam Duan)は、しっかり辛めで美味しかったです。このお店、チェンマイの中心部からはそこそこ距離があります。私はワロロット市場のあたりから、暑い4月に歩いたのですが、結構辛かった。しかも、中心部を離れるとタクシーもソンテオもほぼ通らずひたすら歩き続けるしかなくなります。なので乗り物に乗って向かう方が良いと思います。 地図はこちら→

カオソイ ラムドゥアンのもう少し先にある、カオソーイサムー・ジャイも有名ですので、合わせて行くのもおすすめです。他にもカオソーイ・パー・プラパイラーン・パー・パンなど北タイには気になるカオソイ屋さんがいっぱい。またチェンマイに行ったら食べ歩きをしようと思っています^^

《Sponsered Link》



5.お土産に買って帰った『ブルーエレファント』

日本一時帰国の際に、友人にも食べさせてあげたいと思って買って帰ったのが、ブルーエレファンとの料理キット。エンポリやエムクォーティエに売っています。

パッケージも可愛く、またココナッツミルクも少量サイズから販売されていてお土産に重宝します。(写真のココナッツミルクは大容量タイプ。カオソイの他にもマッサマンカレーキットにも使用するために400ml缶を購入しましたが、カオソイ1パックに必要な量にぴったりの165ml缶も売ってます。小さくて可愛らしい!)

作り方は英語で記載されているので、なんとなく、、で作ることになりましたが、味はまあまあそこそこです。鶏肉は切ってある胸肉を使用するように書いてありますが、私はよりタイのカオソイっぽく仕上げようとして手羽元を使用し、なかなか火が通らず苦戦。。二度目の調理の時にはカットしてある鶏肉を使用し田ところ、やはりその方がうまく出来来ました。揚げ麺が付いていないのが残念です。

6.まとめ

もともと名古屋に住んでいた私はカオソイの存在を知らなかったのですが、東京から来たバンコク在住者に聞くと日本にも結構お店があるみたいですね!最近だと雑誌で特集されていたり、注目も高まっているのかも?!なんて、嬉しくなっています。美味しいお店を見つけたらまた報告させてもらいます!

ではではまた〜!ポッカンマイナカ〜^^

よかったらシェアしてください

インスタのフォローしてください^^

アーカイブ