タイ語の発音記号を携帯で打つ方法!

サワディーカー!タイ語には日本語にはない発音があり、それを表すアルファベットも特殊です。初めてタイ語を習った時はこの発音から勉強が始まり、あのクネクネとしたタイ文字を覚えるまでは、このちょっと特殊なアルファベットで黒板もノートも書いていくことになります。
そんな発音の文字を携帯で打てる様にする方法をお教えします!

目次


1.タイ語の勉強方法

2.携帯で文字を打つ方法①
3.携帯で文字を打つ方法②
4.まとめ

1.タイ語の勉強方法

タイ語の暗記をするのに、私は携帯電話のメモ機能を使っています。メモ機能に覚えたい単語や文章を入れておけば、電車の中で暗記ができます。また、お買い物で思い出せない単語があるときにもいつでも確認ができるのでとても便利です。
この携帯電話に入力するときに、通常のアルファベットなら問題ないのですが、特別な文字(例えばʉʉやàâáなど)を打つ必要が出てきます。これ、どうやって打てばいいのか、最初は悩みました。タイ文字(例えばสวัสดี)を打てる様にするのは携帯電話内の設定でできるのですが、読みの記号の入力方法がわからない。そこで私が見つけた2つの方法をご紹介します。

2.携帯で文字を打つ方法①

これは元々電話についている機能です。

キーボード画面

長押し

入力の際に左写真のキーボード画面でアルファベットを長押しすると、アクセント付きの文字が出てきます。フランス語の入力などに対応した機能ですね。この機能を使って、àやâやáといった文字を打つことができます。


《Sponsered Link》



3.携帯で文字を打つ方法②

2の方法で打てる文字は限られていて、打てない文字があります。例えば、ʉ̂やŋやəなどです。これらの文字を打てる様にするために、この文字をユーザー設定していきました。
設定の順序はいかになります。(説明はiPhone7の場合です。)

①”設定”を開きます。

②”一般”を開きます。

③下にスクロールしていき、”キーボード”を開きます。

④”ユーザー辞書”を開きます。

⑤右上のプラスマークを開きます。

⑥単語の欄に表示したい文字(発音のアルファベット)を入力、よみの欄に検索する際の読み方を入力し、右上の保存をタップします。ちなみに、よみの欄にはアルファベット(この場合だと”u”)は入れることができませんでした。ですので、ひらがなで音の一番近いものを入れるのが使い易いかと思います。
そして、完成です!

この様に設定した後に文字を打ってみると・・・

”う”と打った時の変換の候補に、先ほど入力設定した文字が出てくる様になります。

この作業を、使用した文字を1文字ずつ設定していきました。入力のための文字は以下に表にしましたので、こちらをコピーしてご利用ください。

aàâáǎ
eèêéě
ɛɛ̀ɛ̂ɛ́ɛ̌
əə̀ə̂ə́ə̌
iìîíǐ
oòôóǒ

ɔɔ̀ɔ̂ɔ́ɔ̌
uùûúǔ
ʉʉ̀ʉ̂ʉ́ʉ̌
ŋ
《Sponsered Link》



4.まとめ

一つずつ設定するのは手間ですが、最初だけ設定してしまえばこの後ぐーーーんと勉強がやりやすくなるのでお勧めです。タイ語の単語が載ったサイトなどでは、カタカナで読みが書いてあるところもありますが、声調が違うとタイ人には通じませんので注意です!

ではではまた!ポッカンマイナカー!^^

よかったらシェアしてください

インスタのフォローしてください^^

アーカイブ

コメント

  1. toshi より:

    とても参考になりました!
    すばらしい情報、ありがとうございます。

    それで、最後の段落 に書いてあった アルファベットを、早速コピペさせてもらおうと思ったのですが、 「cの左右逆」がありませんでした。

    「cの左右逆」も、載せておいていただけると、非常にありがたいです。

    • tao@112016 より:

      ほんとですね!!!抜けていました!ご指摘ありがとうございます。早速追加したので、ご活用くださいませ^^

  2. ma@ko より:

    使わせてもらいました。
    毎日クラスメイトと発音記号め会話のやり取りをしています。
    これでタイ語の勉強に更に勢がつきそうです。ありがとうございます。