サメット島への行き方(時刻表)と過ごし方

サワディーカー!あっという間に冬休みも終わりましたね。私は、今年の年末はサメット島へ行って来ました。サメット島はバンコクから行ける激近リゾート!去年の年末に行ったプーケットがいまいちだったので(天気のせいなのですが。。)あまり期待していなかったのですが、程よいサイズの町綺麗な海リゾート感でなかなか良かったですよ〜!

目次

1.行き方と時刻表
2.待ち時間に行きたいカフェ
3.ホテル
4.アクティビティー
5.ビーチ
6.帰り
7.まとめ

《Sponsered Link》



1.行き方と時刻表

サメット島へは、バス(ロットトゥア)を利用していきました。
エカマイのバスステーションからバーン・ペーという港まで行き、そこからボートに乗ってサメット島に行きます。
バスはチケット購入時に席が指定され、日時の変更はできません。私は出発2日前にエカマイに行って、8:00の便のチケットを購入したのですが、その時点で席は半分程度埋まっていました。でも出発時には満席。平日なら問題なさそうですが、年末やソンクランに行く際、希望の出発時間がある場合は前もって買っておいた方が良さそうですね。
バスの時刻表はこちらです。

←チケット購入窓口はこちら。

価格は片道B151。私はバス片道とボート往復のセットで購入し、B251でした。やっすーーーい!!!
※往復で買えばボートは片道B50、片道のみで買うとB70なので、まとめて買った方がお得ですが、ちょっと問題も。”6.帰り”をご覧ください。

乗る時の注意事項としては、カフェで買ったコーヒー(カップにストローが付いたのもの)は持ち込みできない、と言われ没収されました。でもバスの中には持ち込んでいる人もいたんです(; ;) おそらく、そんなに厳密ではない決まりなのでしょう。見つからなければ持って入れますが、見つかれば没収されるので、注意してください。あと、水が配布されますので、買って来なくても大丈夫です。

エカマイから3時間半弱でバーン・ペーに到着。途中トイレ休憩はありませんが、バスには備え付けのトイレがあるので心配ありません。
到着したら船着場へ移動。ボートは大体1時間おきに出ていました。体感速度10km/時のゆっくり進むボートに乗り、40分くらいかかってやっと島へ到着。ちょっと高いお金を出せば、スピードボートがあるのでそちらの方が早いです。でもゆっくりな分、全然揺れません。乗り物酔いをする方はこちらの方がおすすめです。

島に着いたら、歩いてホテルへ。ホテルが遠い場合は、ソンテオレンタルバイクを利用すると良いと思います。

2.待ち時間に行きたいカフェ

出発の際に話は戻りますが、バスで旅行することがあるなら行きたいな〜と思っていたカフェがバス乗り場近くにあります。

Crazy About Cafe’』です。WiFiが使え、7:00から空いているという便利なカフェ。特別おいしいわけではありませんが、小物がかわいいおしゃれなカフェです。クロワッサンやスコーンの軽食もあるので、待ち時間が長い場合はおすすめです^^

《Sponsered Link》



3.ホテル

 ホテルはこちら→に泊まりました。12月中旬になってから予約したので、空いているホテルがほとんどなく、選べなかったのですが。。。しかもガラディナー(クリスマスや大晦日に出される特別なディナー。今回のホテルはビーチでの年越しパーティーがセットになっていました。)付きだったので、ホテルのグレードの割には高かったです。
ホテル自体はそれなりに快適でしたが、依頼したことがスルーされたり(ハンガーをもらいに行ったら後で部屋に持っていくと言われたけど来なかった。)洗面所に使い捨てコンタクト(前宿泊者のもの)が干からびて落ちていたり。。。そんな感じです。安ければアリかな〜。
でももし、またサメット島へ行くことがあれば絶対ビーチ沿いの宿にします。理由は”5.ビーチ”にて!

4.アクティビティー

島では、レンタルバイク(1日レンタルB400、1時間B100)で二人乗りして移動しました。島を一周したかったのですが、一周は道が繋がっていなかった為、行ったり来たりする羽目に。ちなみに北端には特に何もなかったです。

他には、ビーチで夕日を見たり、パラセーリングを楽しみました。パラセーリングは想像以上に船が揺れます。私は普段乗り物酔いをしないのですが、最悪に気持ち悪くなりました。でも、空の上は気持ちよかったですよ!
他にも現地ツアーがあちらこちらにあり、ダイビングのツアーなんかも見かけました。

5.ビーチ

ビーチは、一日目にアオプラオビーチで夕日を見て、二日目にサイケオビーチで泳ぎました。どちらも海の美しさは同じくらいです。色はグリーンがかって綺麗ですが、透明度は高くありません。雰囲気はアオプラオビーチの方が静かで高級な印象。サイケオビーチはたくさんの人や売り子さんで賑わっていました。

 
↑サイケオビーチ

 
↑アオプラオビーチ

ビーチにはずらーっとビーチチェアが並んでいるのですが、これがどれもビーチ沿いにあるホテルのもので、宿泊客専用となっています。アオプラオビーチでは、「ホテル宿泊者以外の利用禁止」の注意看板がビーチチェアのエリアごとに立ててあり、座ってみる勇気もなく直の砂浜でゴロゴロしていました。一方サイケオビーチにはその様な看板はなかったです。ただ、レンタルしているという看板もなく。。。でも、注意されたらその時だ、と開き直り、空いてるビーチチェアに座ってみることに。そこで1時間ほど過ごしていると、係の人が近づいて来て、宿泊者かどうかの確認をされました。宿泊者じゃないことを伝え、いくらか尋ねたところ、1人B100とのこと。意外とお手頃に借りることができました。
私はたまたな借りることができましたが、借りれるかどうかは各ホテルによって変わるかもしれませんので、ビーチでゆっくり過ごしたい場合はビーチ沿いのホテルに宿泊した方が良さそうですね。

6.帰り

帰りは往復で購入したチケットを使ってボートでバーン・ペー港へ。ここでちょっと問題が。チケットは既に持っていたので購入せずに、すぐに出発しそうなボートの列に並んだのですが、チケットを販売している会社ごとに船が異なるようで、私が買ったチケットではそのボートは乗れませんでした。近くにいた係員に、ボート乗り場の場所を聞いて並び直し。ですのでもし待ち時間なしで船に乗りたい場合は、次に出発する船を確認してからチケットを買うと良いと思います。

バーン・ペーに着いてから、バスのチケットを購入。お正月だったからか時刻表に載っている便以外にも便がありました。

7.まとめ

サメット島、近場のビーチと比較すると、パタヤと比べて華やかさはありませんが、のんびり過ごすにはとても良い場所だと思いました。パタヤから行けるラン島よりも、海も泳ぎやすいです。(ラン島はウニが多かったので。)何より、航空券の予約もいらないので、思いついたら週末にぶらっと行くのもいいですね!

ではではまた〜!ポッカンマイナカー^^

《Sponsered Link》



よかったらシェアしてください

インスタのフォローしてください^^

アーカイブ