エアアジアの航空券、時間が変更になってしまった。。

サワディーカー!バンコクに住んだら色々行きたい近隣諸国&タイの地方。そんな時にはやっぱりLCCが便利ですよね。が、しかし、安い反面、トラブルがあった時のサポートの無さが痛いところです。そして私も、まんまとそんな痛みを味わうことになりました。もう、なんでこんなにトラブルが多いのだろう。。。

目次

1.突然の時間変更
2.チェンライとチェンマイを間違えて予約してしまう
3.改めて時間変更をする
4.返金手続き
5.問い合わせの返事
6.結局どうすれば良かったのか
7.まとめ

《Sponsered Link》



1.突然の時間変更

チェンライに遊びに行くことになり、ドムアン⇄チェンライの航空券をエアアジアで予約。行きは10:55帰りは2日後の15:50と、予定していた通りのチケットを予約でき一安心していた3日後、エアアジアからショッキングなメールが届きました。
行きに選んだ10:55の便が運行しないことになったので、16:20の便になります、って。
え?!
なぜ16時の便??せめて次の便(11時台)のにしてよ〜〜〜っっっ!!!
って気持ちです。
←これが届いたメール
よくわからないけど、処置としては以下から選べますってことですよね。
a)14日以内の別の日の同じルートでフライトを変更する
b)??オンラインアカウントに次の旅行の際に使えるクレジットを置いておく?(理解できず。)
C)全額払い戻し
って、同日の時間変更はできないの???

2.チェンライとチェンマイを間違えて予約してしまう

とりあえず11時台の便に時間変更をしようと思い、エアアジアのアプリにログインしてから予約変更のページに行き変更を試みたのですが、変更手数料がかかってくる。エアアジアの都合なのに変更手数料がかかるなんて意味がわからない!
届いたメールからすると、同日の時間変更には応じていないのかもしれないと考え、今あるチケットは払い戻し手続きをするとして、新しく往路のみ航空券を購入することにしました。
そして新しく航空券を予約。
間違えないように、間違えないように。カード番号にパスポートナンバーをしっかり確認して。。。

購入完了!!!

そして確認メール受信







えっっっっ。。?!?!?
チェンマイ行きを取っちゃった!!!

3.改めて時間変更をする

いやーーーー、久しぶりに情けなくて涙が出ました。なぜ間違える?チェンライチェンマイ。似てるけどさぁ。。それもこれも、エアアジアが意味わからない時間変更をしたからだ!!!! と責任転嫁しつつ、チケットの取り直し。。
これ以上何かミスをするのが怖かったので、変更手数料がかかりはするけれど、操作としては安全そうな時間変更をすることにしました。

4.返金手続き

結局、
・時間変更の手数料 B749
・チェンマイの往路航空券 B1710
という、無駄な出費をしてしまったのですが、これらは全てエアアジアの変更が原因、また、フォローの分かりづらさのせいで起こったことだ!ということで、返金依頼のメールを問い合わせフォームから送信。エアアジアのコールセンターはタイ語英語での問い合わせになるため、日本語OKのメールでの問い合わせにしました。(日本国内にもコースセンターはありますが、管轄が違うらしく対処してもらえませんでした。)

《Sponsered Link》



5.問い合わせの返事

11/28にメールを送り、返事が来たのが旅行から帰った数日後。3週間ちょっとかかってやっと返事が来ました。
その内容は、変更手数料は返金してくれるけど、チェンマイ行きの便の返金はできない、とのこと。まぁ、そうだろう(そもそも自分のミスですし。)と薄々思っていたので納得。とりあえず手数料が返ってきたのでよかった。こちらは購入時のクレジットカードへの振込で返金されるそうです。
チェンマイ行きフライトの返金ができない理由についても。”チケット購入の経緯が弊社のフライト変更ではありますが、決済前には、全ての旅程と金額及び運賃規約にご同意を頂いた上で、ご購入を頂いておりますので、規約にもとづき、チケットのキャンセル及び返金の対応ができかねます。”と丁寧にお返事いただきました。

ちなみに、空港税の返金なら可能だそうです。空港税の返金依頼を、新規Eフォームというところから行えば良いそうです。(もう面倒で手続きしておりません。。)

6.結局どうすれば良かったのか

出発の日に、空港内のエアアジア窓口で聞いて見たところ、直接この窓口に来て手続きすれば一番よかったみたい。でも、空港まで行くタクシー代手間時間を考えると、同じ状況になっても窓口まで行く気にはなれないです。バンコク市内に窓口があるならまだいいけど。まぁ、だからこその格安航空券なんでしょうね。

7.まとめ

今回時間はかかりましたが、変更手数料は返金されましたし、無事に希望の旅程で旅することができました。私は、航空券を変更しなければならなくなった時に、希望の便に変更が殺到してチケットがなくなるのではないか、という心配から結構焦ってしまい、そしてチェンライとチェンマイを間違えるというバカすぎるミスをしてしまいましたが、実際に時間変更後のチェンライ便に乗ってみると、まだ空席があり、焦る必要は全くなかったです。ジャイイェン(タイ語で”冷静”)の心で対応しないと、ですね。

ではでは〜、ポッカンマイナカ〜^^

《Sponsered Link》



よかったらシェアしてください

インスタのフォローしてください^^

アーカイブ