バンコクでも美味しくお米を炊く裏技

サワディーカー!以前、”タイで日本の炊飯器を使う時の変圧器は?”で、日本の炊飯器を使う方法を書きましたが、炊飯器は使えるものの美味しく炊く方法は模索中でした。お米はチェンマイ産の日本米を使用。でも日本米なのに、水を3割ほど増やさないと固くなるし、そうやって炊いても、そこそこの美味しさ。。やはり日本からお米を持ってくるしかないのか?!と諦めかけていた時にナイスな情報をいただきました!

目次

1.現状
2.裏技!
3.炊いてみた
4.まとめ

1.現状

水を多めに入れないとうまく炊けないのに加え、2合以上炊くとうまく調整ができない。なので毎回1合ずつ炊く、というちょっと面倒な状況でした。できれば2〜3合炊いて、冷凍保存しておきたい。せっかく持ってきたジップロックも宝の持ち腐れ状態なのです。

2.裏技!

ある日タイ語の授業に出ると、たまたま隣に座ったおじさんがとっても気さくな人で、いろんなことを話しかけれ(覚えている話題は2つほどですが… ごめんなさい。)「タイ産の米、うまく炊けんだろ??」と尋ねてきました。これはいい情報がもらえるかも、と思い「そうなんです!!」と、話しを聞く姿勢を正した現金な私です。。

そしてその方法は・・・
普通のお米に3割程度もち米を混ぜる!!!
とのこと。納得!美味しく炊けそう!

3.炊いてみた

情報提供者であるおじさんのおすすめはこのもち米らしいです。

しかし、私が行っているスーパーには同じものは売っていなかったので、パッケージが可愛いという理由で、これを購入しました。

(もち米はタイ語で”カオニャオ”です。売り場がわからない時は店員さんに聞いてみましょう!)

まずは1合で試してみました。教えてもらったとおり、3割ほどもち米を混ぜて、普通にといで、その後水はいつも通りの3割ましでスイッチオン!なるほど、いつもよりもっちりと、美味しく炊き上がりました!
2回目は2合で挑戦。普通のお米+もち米3割。念のため水も3割増しにしてスイッチオン!^^はい、これも美味しく炊くことができました!

4.まとめ

こんな簡単な方法でお米問題が解決できるなんて、びっくりです。ご飯がおいしく炊き上がると、ちょっぴり幸せな気分になりますよね^^ 是非お試しくださいませ!

《Sponsered Link》



よかったらシェアしてください

インスタのフォローしてください^^

アーカイブ