一時帰国の際の携帯電話使用方法(SIM)

サワディーカー!!日本がお盆を迎えるこの時期、一時帰国をする人は多いと思います。かく言う私も現在一時帰国中。初めての一時帰国です。一時帰国なんて、パスポート航空チケット携帯電話があれば大丈夫!と思っていましたが・・・携帯電話って使えるの?海外旅行の時はモバイルデータ通信をOFFにしてWi-Fi環境だけで使用するけど、日本滞在は約一ヶ月と思うとWi-Fiだけでは不自由。。そこでSIMを購入することにしました。

目次

1.SIMカードどこで買う?
2.SIMを購入
3.SIMの設定
4.日本でSIMを購入した場合(大手電気屋)
5.日本でSIMを購入した場合(空港)
6.まとめ

《Sponsered Link》



1.SIMカードどこで買う?

通常SIMは旅行先で現地のものを購入しますが、バンコク市内で日本で使えるSIMを購入することができます。私の場合、日本に到着後すぐに友人と待ち合わせをしていたので電気屋等に行く時間がなく、バンコク市内で購入・設定して行くことにしました。
日本の場合、空港大手電気屋コンビニエンスストアで売られています。(日本で購入した場合とバンコクで購入した場合の価格の比較は後ほどご紹介いたします。)ちなみに私の携帯電話の機種はiPhone7(タイで購入)です。

2.SIMを購入

私やスクンビットsoi39の入り口すぐにあるYourmobileで1ヶ月用(3GB)のものを購入。価格はB1400(約4480円)でした。3GBであれば、動画をずっと見たりしなければ十分なサイズだそうです。(比較表がありましたので貼っておきます。→

3.SIMの設定

購入後は設定が必要です。日本に着いてからWi-Fi環境で設定しても良いと携帯ショップの店員さんはおっしゃっていましたが、到着してすぐに使える様にしたかったので、バンコクで設定していきました。
設定内容は機種によって異なりますが、iPheneの場合は大きく分けて二つ。プロファイルのダウンロード情報登録を行えば完了です。プロファイルって何??って感じではありますが、同封の説明書に沿って簡単に行えます。(写真の右半分がiPnoneの場合、左半分がAndroidの場合です。)

←同封の説明書

設定はSIMを入れ替えずに行います。日本到着後に専用の器具(付属)を使用してSIMスロットを開け、SIMカードを入れ替えれば完了!最初に入っていたSIMはタイに戻ったらまた入れ替えなければならないので、無くさない様に保管しておきます。

4.日本でSIMを購入した場合

携帯ショップの店員さん曰く、バンコクで購入しても日本で購入しても価格は大差ないと言っていましたが、絶対日本の方が安いだろうと思っていた私は、日本滞在中に電気屋に行くことがあったので見てきました。すると衝撃的な価格が!!
なんと¥1794/月の格安のものがありました。バンコクの半分以下!!!
電気屋さんに聞いたところによると以下の2つがオススメとのことです。
BIGLOGE
現在キャンペーン中(2017.8)で、日本のクレジットカードで支払う契約であれば¥1794/月(初月無料で2ヶ月目まで支払うので、実際には2ヶ月分)で契約ができる。SIMは使い切りではないので、帰国の際は解約手続きが必要。
FREETEL
常時2GB¥3480/月で販売されている。日本のクレジットカードがなくても大丈夫なので、海外から来た外国人にもおすすめ。
※価格は名古屋駅のビッグカメラで2017.7末にあったものです。

5.日本でSIMを購入した場合(空港)

空港にもSIMは販売されていましたが、短期間のもののみでした。しかも価格の少し高めで、¥3726/7日¥5346/14日(※2017/8 セントレアの自動販売機の価格です。)でした。

 6.まとめ

今回の帰国は、予定が詰まっていたことと、初の帰国で日本のSIM事情を把握していなかった為に余計な出費をしてしまいましたが、バンコクで購入したSIMだと到着すぐに入れ替えるだけで使用できたので、とってもスムーズではありました。皆さんの状況に合わせてこちらの情報を役立てていただければと思います。

ではでは〜ポッカンマイナカ〜^^

《Sponsered Link》



よかったらシェアしてください

インスタのフォローしてください^^

アーカイブ