バンコク浄水器の解約

サワディーカー!最近、雨や雷がすごいですね(シラチャだけ??)。まだ雨期じゃないのになぁと思いながら少し憂鬱になっています。シラチャに引っ越す前に、引越しの準備が色々ありました。その中で、浄水器について。以前『バンコクの浄水器比較』で書きましたが、私は慎重に比較し、バンコクに5年は住むだろうという想定で浄水器を選んだのですが、たった1年4ヶ月で引っ越すことになってしまいました。でもタイ国内だし!もしかしたら継続できるかも!と思いつつ…。そんな浄水器のその後をお伝えいたします。

<目次>

1.ポルカドッツにお世話になりました
2.新しい家の水事情
3.ポルカドッツへ連絡
4.撤去作業
5.まとめ

《スポンサードリンク》



1.ポルカドッツにお世話になりました

 以前『バンコクの浄水器比較』の記事で書いたように、私はポルカドッツという会社の浄水器をレンタルで、軟水機を購入で、使用していました。浄水器の方は、フィルター交換が定期的にあるのですが、その頃になると日本人窓口の方から電話があり、希望の日程を聞いてくださり、当日の交換はタイ人2人で来てくれるのですが、一人は日本語が上手な女性でいつも安心でした。軟水機の方は自分で1ヶ月に一度のメンテナンスが必要なのですが、これは少し面倒でした。塩を入れて混ぜるだけなのですが、たったそれだけのことが億劫。。。ではありましたが、メンテナンス後の水のしっとり感にはいつも納得でした。

そんなお世話になったポルカドッツ。是非シラチャーでもお世話になりたいと思い、引越しが決まってすぐに聞いてみたところ、シラチャーには支店などはなく販売していないとのこと。残念です。

2.新しい家の水事情

 新しい家は、不動産屋が仲介してくれる会社の浄水器がもともと付いていました。バンコクでの浄水器はレンタルでの契約だったので、こちらは解約して新しい会社の浄水器を使用することにしました。軟水機の方は付いておらず、また、こちらは購入しているため、引き続き使用することにしました。ちなみに軟水機は、1ヶ月に1回のメンテナンスの他に、2年に1度、中に入っている粒状のレジンを交換しなければならないのですが、この時はこのレジンはバンコクに来た時にポルカドッツから購入すればいいか、と思っていました。

3.ポルカドッツへ連絡

 解約するにあたって、電話で取り外し作業の希望の日程を連絡。そして引越しの前日にしてもらいました。この時、気になっていた2年に1度のレジンの交換について、樹脂をバンコクで購入してシラチャまで運べるような物なのかを尋ねてみました。すると、窓口の方から意外なお返事が。『シラチャーに同じように使える樹脂を販売している会社があるので紹介しますよ。』とのこと。よくよく話を聞くと、同じ会社の支店などではなく、別の会社ということ。なんて親切!!!と思いました。
電話を切ってから、シラチャーの浄水器会社についてメールでご連絡いただき、一安心。ちなみに、シラチャーの浄水器会社はポルンガ という会社です。

4.撤去作業

作業は希望の時間通りに来てくれ、また、日本人スタッフも来てくださり、スムーズでした。びっくりしたのが、もともと浄水器のレンタル代は3ヶ月ごとに前払いでお支払いしていたのですが、解約時にはまだ1ヶ月のレンタル代が残っているということで、返金をしてくれました。こういう前払いの契約って返ってこないと思っていたのでちょっと得した気分です。

《スポンサードリンク》



5.まとめ

 引越し先では新しい浄水器と持って来た軟水機を使用して生活しています。そして、ポルカドッツにはとてもお世話になりました。また、バンコクに戻ったら、利用したいと思っております。

ちなみに、以前の記事で書いております紹介については、現在バンコクでポルカドッツを利用している友人から紹介できますので、お声がけください^^
ではでは、ポッカンマイナカ〜!!

《スポンサードリンク》



よかったらシェアしてください

インスタのフォローしてください^^

アーカイブ