バンコクの現地ツアー、どれを選ぼう?

サワディーカー!バンコクに旅行で来たらあれもこれも、行きたい場所はたくさんありますよね。そんな、いくつも効率的に回りたい時に便利なのが現地ツアー。本心としては、ツアーって自由時間が決められているし他の人にも気を使うし、あんまり好きじゃないのですが、実際楽チン。特に誰かを案内するとなると、とっても便利です。なので今までもたまに利用してきたのですが、バンコクには現地ツアーの会社がたくさんあり、私はいつも悩みます。先日、日本から母が遊びに来た時も、どうしようか迷いました。今回はそんな現地ツアー、どうやって選んだか、また行ってみた感想についてです。

目次

1.バンコク現地ツアーの種類
2.比べてみた
3.HISのツアーを利用しました
4.アソーク駅周辺の昼食おすすめ場所
5.まとめ

《Sponsered Link》



1.バンコク現地ツアーの種類

まず、バンコクにある現地ツアーの会社の選択肢として、日本語で案内する日本人向けのタイプと英語で案内するタイプがあります。また、ランチ付きのものとそうでないもの、大手旅行会社が催行しているものと、道に看板を出している様な会社の小さそうなもの、また、出発時のピックアップがあるものとないもの、と様々です。

2.比べてみた

まず、言語の違いについて。これはバンコクの全てを見たわけではないですが、日本人向けの方が価格は少し高い様です。例えば、ある英語の旅行会社でのダムヌンサドゥアック水上マーケットのツアーがB590(約¥1950)に対して、日本の会社だとB700〜1000(約¥2300~3000)。少しの差ではありますが、人数が多くなればなるほど出費がかさみますよね。私は以前、アソーク駅近くのASEAN GRAND HOLIDAYS TOURという英語のツアー会社を利用したことがありますが、当然ながら日本語は通じず周りのお客さんに日本人はいませんでした。良い面としては、海外気分がより堪能できます。英語ができる方にはお勧めです。私の場合は英語ができないので、移動中に車内でガイドさんが説明してくれる内容を理解することを諦め、現地での自由行動後の集合時間と集合場所を一緒に行った夫(←少し英語ができます。)に確認してもらいました。

次にランチ付きランチなしか。一日のツアーの場合、会社によってはランチなし(各自でとるタイプ)のツアーとほぼ同額で、ランチ付きのものがあります。私は一度、アユタヤツアーにチャオプラヤクルーズのビュッフェ付きに参加したことがあるのですが、そのビュッフェはまぁまぁ…。。という感じでした。それもあって、格安ツアーに付くサービスのランチは、味は期待できないのではないかと思っています。(でも口コミを見ていると、けっこう美味しいタイ料理のビュッフェもあるみたいですね。)食べる場所に悩む方には便利お得なサービスだと思います。

次に会社の大きさについて。これは安心感ですよね。いろんな会社ツアーの口コミを見ていると、ある会社では9人乗りのワゴン定員以上乗せられ、ぎゅうぎゅう状態だった、というのを見ました。今回私はHISのツアーを選んだのですが、HISの窓口で確認したところ、定員以上を乗せることはないそうです。格安ツアーではたまに、その様なことがあるみたいなので、気を付けてください。

そしてピックアップについて。参加者のホテルに回ってピックアップしてくれるツアーは、一見楽チンに見えますが、私は以前このピックアップされる順番が一番最初になってしまい、バンコク市内をグルグルグルグルと連れ回されることになりました。。これが結構しんどい。ですが一方で、別のツアーに参加した際には集合場所が見つけられず、出発時間に間に合わず、置いていかれたこともあります・・・。ピックアップなら確実に拾ってもらえますが、早朝発のツアーだとピックアップの順番によっては結構辛い、ですね。

3.HISのツアーを利用しました

今回は母と参加するという点から日本語のツアー、また、移動の車内が快適そうという点から、HISのツアーを利用しました。

HISのツアーは昼食が付いておらずフリータイムとなりますが、フリータイムの場所が現在通っているタイ語学校の近くのアソーク駅周辺ということもあり、美味しいお店に母を連れて行くことができました。また、集合場所に関しても、申し込み時にわかりやすい地図をいただき、簡単に辿り付くことができました。ツアーの価格は、昼食がつかない割に、日本語でのツアーの会社の中でもB50〜100ほど高かったです。

移動は9人乗りのバンでしたが、綺麗な車内で、座席も狭すぎることもなく快適でした。また、タイ人のガイドの方の日本語の説明もわかりやすく、母にも楽しんでもらえてとても良かったです。

ちなみに、私が今回参加したツアーは『ダムヌンサドゥアック水上マーケット+昼から気軽にアユタヤ』ツアー→。午前は水上マーケットで船(別料金)に乗って、ウィンドショピングを楽しみました。ちなみにこの水上マーケットは、観光地化しているので売られている商品の価格は高いです。ヤワラート(中華街)でB100で売っているものがB300で売られていました。(そのことをお店の人に言ったらB140まで値下げしてくれましたが。。。)あと、近くにいた他のツアーのガイドさんに頼んで交渉してもらい、フルーツ盛り合わせ(マンゴー、ドリアン、モンキーバナナ、ライチ)をB120でいただきました。ドリアンが入ってこの価格ならお得!

そして午後はさらっとアユタヤを観光。アユタヤは広いので、もしじっくり見たいのであれば別のツアーか個人で行った方が良いと思います。自由行動の時間が短いので、しっかり見て回ることは難しかったです。私はあまり歴史やお寺に興味がないのでちょうど良い具合でした。

《Sponsered Link》



4.アソーク駅周辺の昼食おすすめ場所

 HISのツアーを利用すると、昼食はロビンソン(ショッピングモール)のフードコートや、ターミナル21(ファッションモール)が案内されます。ですが、ロビンソンのフードコートはあまり美味しくないです。もし食べるならカオマンガイクイティアオ(タイのヌードル)が無難でしょう。また、ターミナル21のフードコートは昼時はとても混んでいて席がありません。ターミナル21なら、フードコートではなく、レストランで食べた方が良いと思います。

私がアソーク駅周辺でおすすめの昼食はこの2つです。
①Thong Kee Restaurant
中華料理のお店です。ダックがのっている玉子麺(Egg noodles with roasted duck :B70) がお気に入り。汁ありと汁なしが選べます。価格もお手頃で、ツアーの日も行ってみると、同じツアーのガイドさんが来ていました。また、お昼は飲茶の食べ放題もあります。
ちなみにそのお気に入りのメニューがこれ。

汁なしの方が食べやすいかもしれません。母の感想としては、一口目はいまいちに感じたけど、どんどん好きになる味、とのことでした^^飲茶は小さめ。単品でも頼めるので、少しずつ色んなものを食べるのも楽しいです。

②Suda Phochana
こちらはタイ料理のお店です。オープンスタイルのお店で、タイらしい雰囲気が楽しめます。観光客が多く、特に韓国のガイドブックに載っているらしく韓国人のお客さんが多いです。ソムタムグリーンカレーガパオなど、定番のタイ料理が楽しめます。しっかり辛いので、苦手な方は注文時に辛くしないで(マイペット)と伝えることをお勧めします。

5.まとめ

 バンコクは観光客が多い分、選択肢も沢山ありますね。私はいつも迷って疲れてしまいます。今回HISを利用して、今までは割高なイメージがあり敬遠していましたが、高いのは少しだけで、は良く満足でした。でも次、ダムヌンサドゥアック水上マーケットやアユタヤに行くことがあれば、ローカルな方法で行って見たいな〜と思ってます!またその時はブログに書きます^^

ではまた〜!ポッカンマイナカ〜^^

《Sponsered Link》



よかったらシェアしてください

インスタのフォローしてください^^

アーカイブ

コメント

  1. アール39 より:

    Terminal 21が混んでいる件は、同感。口コミ評価が高かったので行ってみたが。
    4時過ぎでも空席はほとんどなかった。食事も店の数はそれなりだが、特に美味しい訳ではない(たまたまかも知れないが)。

    この記事を読んでから行けば良かった。

    タイ滞在に関し、非常に参考になります。ありがとうございました。
    私は、シラチャより南東のラヨーンに長期出張中です。

    • tao@112016 より:

      ターミナル21はいつも人がたくさんですよね。トレイが綺麗という点では休憩に良いのですがね(^^;)そして特にこれといって美味しい訳でもないのも同感です。ボンチョンチキンがたまに食べたくなるくらいです。(韓国のお店ですが。)
      長期出張なのですね!お疲れさまです。ラヨーンはサメット島に行った時に通ったっきりです^^休日などに、タイを満喫できるといいですね!