BACC(バンコクアートアンドカルチャーセンター)へ行こう

サワディーカー!バンコク生活も徐々に楽しくなって来ましたが、不満もなくならない日々を過ごしています。そんなバンコクの残念なところの一つ、美術館が充実していない。タイ発のファッションブランドがあったり、ショッピングモールで時折、絵や写真の展示が行われていたりと、美術への興味も高いのではと思うのですが、美術館は多くありません。今日はそんな数少ないバンコクの美術館の一つBACC(バンコク芸術文化センター/Bangkok Art and Culture Centre)を十分に楽しむポイントを紹介いたします。

目次

1.BACCの行き方
2.持ち物
3.展示室へ入る準備
4.その他の楽しみポイント
5.まとめ


《Sponsered Link》



1.BACCの行き方

BACCは、BTSナショナルスタジアム(National Stadium)駅を降りてすぐのところにあります。ナショナルスタジアム駅ですが、BTSスクンビットラインに乗った場合、サイアム(Siam)で乗り換えが必要です。また、サイアムから歩いても5分〜10分かからない程度で着きますので、サイアムでのショッピングを楽しみつつ向かうのもいいですね!

←ナショナルスタジアム駅からの入り口

ちなみに美術館は無料ですので、チケットの購入などは必要ありません^^

2.持ち物

展示室に入る際には荷物はコインロッカーに預けなくてはなりません。ですので、貴重品を入れる為の小さめのバックを持っていくか、ポケット付きの服を着ていくのがお勧めです。展示によっては撮影OKですので、カメラ(携帯電話)・財布・コインロッカーの鍵、を持って展示をまわる準備ができていると快適です。

3.展示室へ入る準備

展示を見るには5階に行って、荷物をコインロッカーに預けます。コインロッカーは有料のものと無料のものがあります。無料のタイプを使用する場合は、エスカレーターを上がってすぐの受付カウンターにてデポジット(B100)を預け、ロッカーの鍵を受け取ります。帰る際に鍵を返却すれば、預けたお金は返ってきます。有料のものもB10~20と高くありませんので、そちらを使用してもOKです。

←受付

←ロッカー

荷物を預けたら大きなエスカレーターを上り展示会場へ向かいます。身軽になって快適に展示を楽しみましょう!

4.その他の楽しみポイント

館内にはミュージアムショップはもちろんですが、他にも可愛い雑貨が売っているお店やカフェ、似顔絵屋さん(本格的!)や彫金の体験ショップなどいろんなお店が入っているので、ぶらっとしているだけでも楽しいです。地下には図書館もありますよ〜!
ちょっとした椅子もあるので、サイアムでショッピングで疲れた時の休憩にも使えます。

5.まとめ

タイのアートは宗教的なものや国王に関するものが多いですが、海外のアーティストの展示なんかもたまにされています。そんな時は要チェックです!展示の内容はHPで知ることができますので是非チェックしてお出かけください。

それではまた〜!ポッカンマイナカ〜!!

《Sponsered Link》



よかったらシェアしてください

インスタのフォローしてください^^

アーカイブ